オススメ記事 居宅介護との違い

介護サービスを解説!~訪問介護~

高齢者を直接サポートする「ヘルパー」の仕事内容は?

ヘルパー

ヘルパー

ヘルパーとは?

介護を必要とする高齢者が自立した生活を送れるように自宅を訪問して介護サービスを行う訪問介護に従事している人のことを訪問介護員もしくはヘルパーと呼びます。介護の内容は利用する高齢者の介護度によって異なりますが、ケアマネージャーが高齢者や家族と相談の上、決定します。
介護の内容については介護保険によって明確に定められていますが、高齢者や家族が希望すれば介護保険適用外としてペットの世話や草むしりも行うことができます。

ヘルパーの仕事内容:身体介護

身体介護は高齢者の身体に直接触れて行う介護サービスです。具体的には食事介助や排泄介助、健康状況に合わせて専門的な知識が必要となる調理、清拭、部分浴や全身浴といった入浴の介助、身だしなみや着替えの介助のほか、異常や移動の介護、通院や外出の介助などです。また、起床や就寝介助、服薬介助も身体介護に含まれますが、すべて介助するのではなく、高齢者が自立した生活を送れるようにサポートすることが目的のため、手は出さず声をかけたり見守ったりもします。

ヘルパーの仕事内容:生活援助

生活援助とはその名の通り、日常生活のサポートを行うことです。具体的には、掃除や洗濯、衣服の整理や一般的な調理、買い物や薬の受け取りなどです。高齢者やその家族が家事を行うことが困難な場合に行いますが、高齢者が使いやすいような場所に片付けたり、好みの味付けに調理したりと、思いやりを持って接するよう心がけなければなりません。

ヘルパーの仕事内容:医療機関との連携

訪問介護の場合、ヘルパー以外身近に医療関係者がいないため体調が急変した時などに備えてあらかじめかかりつけ医や医療機関と連携しておくことが大切です。日頃から高齢者の健康状態を把握しておき、医療機関としっかり連携できていれば不測の事態が起きても落ち着いて対処することができます。しかし、残念ながら高齢者の健康状態を記す介護データと医療データの連携は未だ不十分です。そう簡単に進まないかもしれませんが、これから先の高齢化社会に向けて、「介護」「医療」「予防」が三位一体となり高齢者の生活の質の向上を第一に考えた仕組み作りを早急に整える必要があります。

ヘルパーの仕事内容:家族への指導

高齢者の家族に適切な介護指導や精神的なケアを行うこともヘルパーの仕事です。介護は日常生活の延長のようなものも多いため自己流になりやすく、自力で動くこともままならない高齢者を常に相手にしていては介護に追われて自分の時間を取ることもままならなくなってしまい介護する方も疲弊してしまいます。高齢者とその家族が快適な生活を送れるようサポートすることも大切な仕事なのです。

訪問介護をより知るために!

訪問介護の概要 訪問介護の概要
今注目されている訪問介護

少子高齢化が進む今の日本において介護の需要はますます高まるばかりですが、その中でも特に注目を集めているのが特定事業所加算で唯一報酬がプラスになった「訪問介護」です。マイナス面ばかりが取り沙汰される介護業界において、訪問介護はこれから先も拡大が予想される事業だといえるでしょう。

READ MORE

訪問介護について

当サイトは介護業界の中でも特に注目を集めている「訪問介護」について詳しく紹介しています。訪問介護に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。 ※当サイトに関するお問い合わせはこちらから>>>お問い合わせフォーム