オススメ記事 居宅介護との違い

介護サービスを解説!~訪問介護~

訪問介護と居宅介護の違いを知ろう

居宅介護との違い

居宅介護との違い

居宅介護とは?

居宅介護は正式には居宅介護支援といいますが、この対象となるのは要介護度1~5の認定を受け、自宅や住宅型の有料老人ホームにお住まいの人です。
居宅介護支援はまず、ケアマネージャーが利用する高齢者や家族と相談して自宅で生活するための介護サービスのマネジメントを行い、ケアプランを作成します。そのケアプランに基づいて事業所と調整しながら介護サービスを行いますが、利用者が負担するものは特にありません。無料で利用することができます。しかし、居宅介護支援を受けることができるといっても「どの程度のもの」を「どれくらい受けることができるのか」、分からない人もいるかもしれません。介護認定を受けて介護サービスを受けたいと思ったら、まずは居宅介護支援事業所に相談しましょう。要介護度に合わせて、利用できる介護サービスを詳しく教えてくれます。
居宅介護支援は要介護度1~5の人だけでなく、基本的な日常生活の動作はできるが介護予防のために支援が必要な「要支援1」や身の回りの動作能力は低下しているものの状態の維持や改善の可能性が高い「要支援2」の人も介護保険を受けることができます。ただし、この場合は居宅介護支援ではなく、「介護予防支援」となります。居宅介護支援同様、介護予防ケアプランを作成しそれに基づいて介護予防サービスを受けることができます。
介護予防ケアプランは居宅介護支援とは異なり、居宅介護事業所ではなく地域包括支援センターが作成します。

訪問介護との違いは?

同じ「在宅介護サービス」に属している居宅介護支援と訪問介護ですが、その内容は大きく異なります。訪問介護は職員が高齢者に直接介護サービスを提供しますが、居宅介護支援は訪問介護などの介護サービスの調整を主に行い、高齢者を間接的にサポートします。
もっと分かりやすく説明すると、介護サービスを受けたいと希望する高齢者やその家族が最初に相談するのが「居宅介護支援事業所」のケアマネージャーです。ケアマネージャーが高齢者の状況から入浴や外出などの必要な支援があると判断したらケアプランを作成し、その後、作成されたケアプランに沿った内容の介護サービスを「訪問介護事業所」へ依頼します。依頼された「訪問介護事業所」からヘルパーが高齢者の自宅に派遣され、入浴介助や外出の付きそいといった介護サービスを直接行います。
介護サービスが実施されている間は、ヘルパーやケアマネージャーと連携して、状況を報告し提供している介護サービスの内容を確認していきます。

訪問介護をより知るために!

訪問介護の概要 訪問介護の概要
今注目されている訪問介護

少子高齢化が進む今の日本において介護の需要はますます高まるばかりですが、その中でも特に注目を集めているのが特定事業所加算で唯一報酬がプラスになった「訪問介護」です。マイナス面ばかりが取り沙汰される介護業界において、訪問介護はこれから先も拡大が予想される事業だといえるでしょう。

READ MORE

訪問介護について

当サイトは介護業界の中でも特に注目を集めている「訪問介護」について詳しく紹介しています。訪問介護に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。 ※当サイトに関するお問い合わせはこちらから>>>お問い合わせフォーム