オススメ記事 居宅介護との違い

介護サービスを解説!~訪問介護~

それぞれの職種の仕事内容を詳しくみてみよう

訪問介護に関わる職種の仕事内容

訪問介護に関わる「ヘルパー」「サービス提供責任者」「ケアマネージャー」について詳しくみていきましょう。ヘルパーは高齢者を直接サポートする仕事、サービス提供責任者は間接的にサポートする仕事、と違いがありますが、どちらも訪問介護には欠かせない存在です。また、介護保険のプロと呼ばれるケアマネージャーは訪問介護に必要なケアプランを作成するだけでなく、給付金の管理や生活保護の申請補助、家族との仲介役などその仕事内容は多岐に渡っています。

  • ケアマネージャー

    ケアマネージャー

    介護保険サービスが受けられるようケアプランを作成し、サービスを提供する事業者との調整を行うケアマネージャーは介護保険のプロとも呼ばれています。ケアマネージャーになるためには介護支援専門員実務者研修試験を突破しなければなりませんが、この試験はステップアップを目指している介護福祉士が多く受けています。ケアマネージャーの主な仕事はケアプランの作成と給付金の管理ですが、ヘルパーに対するクレームや生活保護の申請補助、高齢者と家族の仲介などもケアマネージャーの仕事に含まれています。

    READ MORE
  • ヘルパー

    ヘルパー

    ホームヘルパーの仕事内容について詳しく説明しています。どのような介護サービスを行うかはケアマネージャーが高齢者や家族と相談して決定しますが、その内容は要介護の度合いによって変わってきます。排泄介助や入浴介助などの高齢者の体に直接触れて行う身体介護や洗濯や掃除といった日常生活のサポートをする生活援助が主な仕事内容ですが、それ以外にも急変時に備えて医療機関と連携を取ったり、介護を行っている家族への指導なども含まれています。

    READ MORE
  • サービス提供責任者

    サービス提供責任者

    サービス提供責任者は訪問介護に欠かせない存在です。主な仕事は高齢者の自宅を訪問して介護サービスを提供するヘルパーの管理や指導です。ヘルパーの派遣は個人の能力や希望を踏まえて利用する高齢者にふさわしい人材を選定した上でどのヘルパーを派遣するか決定します。また、訪問介護計画書の作成や管理、利用する高齢者の状況把握、サービス担当者会議への出席など事務的な仕事も多いため、他の職種に比べて勤務時間は長めです。

    READ MORE
訪問介護に関わる職種の仕事内容

訪問介護をより知るために!

訪問介護の概要 訪問介護の概要
今注目されている訪問介護

少子高齢化が進む今の日本において介護の需要はますます高まるばかりですが、その中でも特に注目を集めているのが特定事業所加算で唯一報酬がプラスになった「訪問介護」です。マイナス面ばかりが取り沙汰される介護業界において、訪問介護はこれから先も拡大が予想される事業だといえるでしょう。

READ MORE

訪問介護について

当サイトは介護業界の中でも特に注目を集めている「訪問介護」について詳しく紹介しています。訪問介護に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。 ※当サイトに関するお問い合わせはこちらから>>>お問い合わせフォーム